こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 文学部 哲学科ホーム
  2.  > カリキュラム

カリキュラム

 

学ぶ内容は、主として西洋の哲学思想、倫理思想(一部分は、日本や東洋の思想を含む)になります。
授業の「形式」で各授業科目を分類すれば、以下のようになります(◎は、全員必修の科目、○は選択必修の科目です)。

ゼミ形式の授業

◎「人文演習」、◎「哲学基礎演習」、◎「演習Ⅰ」、◎「演習Ⅱ」
(内容については、「カリキュラムの概要」の項を見てください)

講読形式の授業

○「英書講読Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」、○「独書講読Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」、○「仏書講読Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」
(外国語で書かれた哲学・思想の文献を読む授業です)

講義形式の授業

◎「哲学概論」、◎「倫理学概論」
(根幹をなす科目です)

「西洋古代中世哲学史」「西洋近世哲学史」、「西洋倫理学史」、
(哲学や倫理学の歴史を講義します)
「現代哲学」、「科学哲学」、「歴史哲学」、「社会哲学」、「宗教哲学」、「キリスト教精神史」、
(それぞれの領域に特有のテーマについて、話されます)
「仏教学」、「東洋哲学思想史」、「東洋倫理思想史」、その他
(東洋と日本の思想の歴史的展開が講義されます)

カリキュラムの概要

【一・二年次】

一年次全員の必修科目として「人文演習」があります。この授業は各クラス15~20名の少人数で行われ、すべて学科の専任教員が担当するので、学生と教員間の緊密なパーソナルコンタクトが保証されています。授業では、テキストの講読、レポートの作成、討論、発表のほか、文献検索の仕方などを学び、これからの勉学に必要なフットワークを養うことを主眼としています。
その他一年次から履修できる専門講義科目も多く、もちろん、英語、ドイツ語、フランス語などの外国語関連科目(会話重視のクラスや、集中コースも設置されています)のほか、京田辺校地に開設されている多くの他学部、他学科の科目も一年次から履修できます。
二年次の「哲学基礎演習」では、やはり少人数で哲学の古典講読への本格的な訓練に入ります。
一・二年次

【三年次】

三年次からは、いわゆるゼミである「演習Ⅰ」が始まります。各クラスを担当するのは、それぞれ専門分野を異にした11名の専任教員です。この授業は、ゼミ生の関心に応じて、共通のテキストを読みながら議論したり、また特定の報告者が自分のテーマとしている問題を報告し、それを軸に質疑応答、討論を進めます。規模は各クラスとも、3、4名から 12、13名の規模です。すべての授業のなかでもっともat homeな雰囲気で行われる授業です。
また、三年次には必修科目として、メインの講義科目「哲学概論」と「倫理学概論」が配当されています。
さらに、三年次生の多くは、「現代哲学」、「科学哲学」、「歴史哲学」、「社会倫理学」などの専門講義科目を受講するのが一般的です。

【四年次】

仕上げの年である四年次には「演習Ⅰ」の継続であるゼミ「演習Ⅱ」を履修しながら「卒業論文」を作成することが必修となります。卒論の作成には、大抵の場合、マン・ツー・マンの集中的な個別指導が行われます。
.